市独自の20人学級の議論開始を、水道料金改定の議論を

資源部循環型施設建設は「環境影響評価を今年度中に着手」土屋市長が表明新たな段階に進む